転職では実績より能力が大切

転職で重要になってくるのは、その会社にどれだけ貢献できるのかということを面接でアピールすることかもしれません。 いくら過去の実績があっても、能力不足の人であれば必要とする企業はないのです。 例えばすでに働き盛りを過ぎていて、対して仕事もできないのに高給取りの人っていませんか?

日本の場合も数年前まで、対して仕事ができない人でも実績を上げることができるような好景気の時代があったようです。 確かにそのような時代であれば、どんどん給料も上がっていくと思います。 ですが、いまの不景気と言われる時代に、そんな仕事のできないような人は必要ありません。

日本の場合は給料を下げることがとても難しいので、仕事ができない高給取りがたくさんいるんだと思います。 これは国の政策が悪いわけですから、どうしようもありません。 これからの時代を生きる人は、頑張ってスキルを上げないと昇給も転職も見込めないわけです。

過去の実績にすがるというのは、ちょっとカッコ悪いですよね。 若い人の場合は実績もほとんどないと思いますが、とにかく自分の能力をアピールしていくことが大切なわけです。 別に実績がないから転職先がないというわけでもありませんし、いろんなことにチャレンジしていけばいいと思います。

Copyright (C) 2007-2014 [20代だから転職に成功]. All Rights Reserved.