必要とされないなら転職ができない

転職活動では自分のスキルを活かすことができる職種を選ぶことが大切です。 いくらあなたが優秀でも、職種によってはまったく必要とされないかもしれません。 面接というのは自己アピールの場ではありますが、自分の良いところをアピールすればいいというわけではありません。 自分がいかに必要とされているような人材なのかをアピールしないといけないです。

必要とされてない自信がないのであれば、転職なんてするべきではないです。 僕も転職をしたいと思っていますが、なかなか自分を活かすことができるような求人がありません。 だから転職活動も一向に進んでいないのが現状です。

もちろん、新しいことにチャレンジをすることもできるわけですが、やはりスキルのない業種に応募をしても採用されません。 企業にしてもそこまで余裕はないですから、最低限必要とされているだけのスキルは必要なのです。 興味がある求人があっても、僕にそれだけのスキルがない場合は応募できませんね。

というのも、以前転職をしたときには、これで散々失敗したからです。 結局はやりたいことというより、自分でもできる仕事を選んだので転職することができました。 要するに妥協をしてしまったのですが、これはこれで仕方がないのかもしれませんね。

DeNAの最新求人をチェック!

Copyright (C) 2007-2014 [20代だから転職に成功]. All Rights Reserved.